Quick-Tissue™技術とは?

Quick-Tissueシリーズは、ヒト幹細胞から様々な種類のヒト細胞、組織、オルガノイドを製造することを可能にする革新的な製品です。

エリクサジェン サイエンティフィック社が専有している転写因子を用いた細胞分化誘導技術は、ヒト由来多能性幹細胞 (iPS細胞 や胚性幹細胞) を様々な種類のヒト細胞へ高速でしかも再現性高く分化させることを純度を失うことなく可能にします。個々の研究者の方々のご要望に合わせて、この技術は以下の3つの形式でご利用可能です。

   –   多能性幹細胞分化キット

   –   ヒトiPS細胞由来分化細胞

   –   多能性幹細胞分化サービス

quick-tissue-explanation_v3

高速かつシンプル

Quick-Tissueシリーズの分化誘導キットは「オールインワン」のセットになっており、人工多能性幹細胞(iPS細胞)や胚性幹細胞(ES細胞)の分化誘導を最速で可能にしています。

例えば、右に示すように、エリクサジェン サイエンティフィック社のQuick-Neuron™ Cholinergic kitは、今日様々な研究者や企業で使用されているどのプロトコルよりも速く分化誘導を行います。ES細胞/iPS細胞はわずか一週間で機能的に成熟した神経細胞へ分化します。この高速分化技術は分化効率を犠牲にしませんー過去の実験結果では90%程度のiPS細胞/ES細胞がコリン作動性神経細胞へ分化したことが明らかになっています。

機能的

エリクサジェン サイエンティフィック社のQuick-Tissue技術を用いて作成したMixed Neuron(多種混合の神経細胞)は、多点電極アレイ(MEA)を用いた評価では、強く特異的な同期バーストを発火します。化合物を添加した際の反応では投与量に応じた化合物種特有の薬剤応答が見られました。健常者由来だけでなく、患者由来の様々な神経細胞種もご利用可能です。

MEA上での位相差画像神経ミックス(解凍後50日目)

Multiple subtype-specific markers were examined by immunocytochemistry

Neural network burst data shown here are captured with MED64 Presto (AlphaMED Scientific) 64 days after thawing Mixed Neurons (data provided by Dr. Ikuro Suzuki at Tohoku Institute of Technology).

幹細胞株を選びません

Quick-Tissueの分化誘導キットをご利用になると、研究目的でお好みの多能性幹細胞株を狙った細胞種へ分化させることが可能です。例えば、利用可能な様々なES細胞やiPS細胞、またご自身で樹立されたiPS細胞、などです。また、California Institute for Regenerative Medicineが多数保有している様々な疾患患者由来のiPS細胞株がCoriell Biorepositoryを通じて利用可能になりました。さらには、CRISPR/Cas9のような遺伝子編集技術を用い、特異的な変異を導入したヒトES/iPS細胞株を樹立することも一般的になりました。このように、様々なES/iPS細胞株を狙った細胞種へ分化させ、研究へ応用することが可能です。

多彩な疾患患者由来のiPS細胞株

The California Institute for Regenerative Medicine (CIRM) はエリクサジェン サイエンティフィック社にライセンスを付与し、CIRMが保有する疾患患者由来のiPS細胞株から分化させた様々な細胞種を販売目的で流通させることが可能です。もし、特定の疾患関連株や健常者株から分化させた神経細胞にご興味をお持ちの方は、我々へご連絡ください。

CIRMは1500を超えるiPS細胞株を保有、それらは5種の疾患クラスに渡り、疾患関連iPS細胞株毎に年齢層が一致した健常者由来のiPS細胞株を含んでいます。これらのiPS細胞株の臨床データを含む詳細については、こちらのリンクをご確認ください。

Cholinergic neurons from CIRM Alzheimer’s disease line, CW50114

Category No. of iPSC lines
Control Cell Lines 302
Brain Diseases 304
Alzheimer's Disease 65
Autism Spectrum Disorder 113
Cerebral Palsy 19
Epilepsy 47
Intellectual Disability 60
Blinding Eye Diseases 175
Age-related Macular Degeneration 120
Diabetic Retinopathy 34
Glaucoma, Primary Open Angle 21
Heart Diseases 442
Cardiomyopathy, Dilated 313
Cardiomyopathy, Hypertrophic 74
Cardiomyopathy, Left Ventricular Non-Compaction 9
Cardiomyopathy, Arrhythmogenic Right Ventricular 2
Cardiomyopathy, Restrictive 1
Cardiomyopathy, Other 43
Liver Diseases 131
Hepatitis C 93
NASH and Steatosis 38
Lung diseases 191
Idiopathic Pulmonary Fibrosis 191

ゲノム修正したiPS細胞株への適用

ゲノム修正したiPS細胞株から分化させた骨格筋細胞(B,D)では、修正していない疾患関連株由来の骨格筋細胞(A,C)と比較して、疾患特異的なRNA凝集点が消失していることを確認しています。

Wang et al., (2018). Therapeutic Genome Editing for Myotonic Dystrophy Type 1 Using CRISPR/Cas9. Molecular Therapy 2018;26:2617. [PubMed] [Molecular Therapy] [Kindly provided by Dr. Xia, University of New Mexico]

規模拡大が容易

Quick-Tissueシリーズの分化誘導試薬は複数の転写因子の混合物で作られています。このため、様々な規模でのご利用が可能です。エリクサジェン サイエンティフィック社の小規模用の分化誘導試薬では、24ウェルプレートの4ウェル相当を用いiPS細胞の分化誘導が可能です。毒性評価用として中規模の、96ウェルプレート全ウェル相当分の分化誘導試薬をご提供しています。薬剤スクリーニング等の大規模用途には、96ウェルプレート100枚分相当の分化誘導試薬をご提供しています。

遺伝子改変を起こしません

RNAやセンダイウィルスに基づいた技術のため、Quick-Tissueシリーズの分化誘導処理は、分化途中の細胞に遺伝的な「足跡」を残しません。これはプラスミドやレンチウィルス等を用いた遺伝子導入技術とは異なります。これにより、疾患関連iPS細胞等の材料を用いた実験が、分化誘導過程で必要以上に修飾を受けないことを保証します。

RNAを用いたQuick-Tissueシリーズ

Quick-Tissueシリーズのキットで「SeV」と明記されていないものは先進的なRNA技術を使用し、遺伝的な「足跡」を残さずに細胞の分化誘導を行います。一般的にRNAは細胞質での翻訳時に消費されるので、過剰な遺伝子発現は起こりません。ですので、キットに含まれるRNAは分化誘導を確立するために使用された後は消失します。

センダイウィルスを用いたQuick-Tissueシリーズ

Quick-TissueシリーズのSeVキットは、対象となる特殊化した細胞の分化誘導のためにセンダイウィルス(SeV)を使用しています。SeVはRNAをゲノムに持つウィルスで、そのライフサイクルの中でDNAを利用することが無く、それ故にウイルス由来の遺伝情報が宿主の遺伝情報に組み込まれる危険性がほとんどありません。さらに、エリクサジェン サイエンティフィック社のキットには温度感受性を示す特別なセンダイウイルスが使用されており、それは33℃で活発に遺伝子複製を行いますが、37℃になると失活性化されます。この失活化処理により、ウィルスは細胞内から除去されます。

多能性幹細胞分化サービス

elixirgen comparison

お客様が様々な種類のヒト細胞を手にされるまでに数カ月を要しません。エリクサジェン サイエンティフィック社は世界で最も早い納期で多能性幹細胞の分化サービスをご提供致します。お客様のお手持ちのヒト多能性幹細胞(ES、iPS細胞株) を我々へご送付いただければ、受け取り直後に分化誘導を始めた場合、1-2週間で分化したまたは分化途中の細胞をお客様へお届け致します。我々が専有している転写因子を用いた細胞分化誘導サービスは、遺伝子改変がなく純度の高い分化した細胞をご提供致します。弊社の多能性幹細胞分化サービスは 全て技術開発員との間の無料相談から始めますので、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供致します。

Product Pipeline

Tissue / Cell TypeProductDifferentiation KitHuman iPSC-derived CellsDifferentiation Services

Mixed Neurons

Quick-Neuron™ Mixed

GABAergic Neurons

Quick-Neuron™ GABAergic

Dopaminergic Neurons

Quick-Neuron™ Dopaminergic

Cholinergic Neurons

Quick-Neuron™ Cholinergic

Vascular Endothelial Cells

Quick-Endothelium™ Vascular

Skeletal Muscle

Quick-Muscle™ Skeletal

Hepatocytes

Quick-Hepatocyte™

3D Brain Organoids

Quick-miniBrain™

Quick-Tissue™技術の応用例

薬効評価への応用

製薬企業や研究者はQuick-Tissueシリーズキットを薬効の評価にご利用できます。我々のキットをロボット等に組み込んだハイスループットスクリーニング(HTS)に最適です。
詳細 >>

毒性・安全性評価への応用

Quick-Tissueシリーズキットで用意された細胞を用いることで、素早くかつ効果的に薬剤、産業、環境化合物の毒性評価を実施できます。
詳細 >>

精密医療への応用

「精密医療」によって、個々の患者に最適化された薬剤を選ぶことが大きな目標です(個別化医療、又はテーラーメイド医療)。弊社技術による患者由来のiPS細胞の分化でこれらの目標を実現させます。
詳細 >>

組織チップへの応用

「組織チップ、または臓器チップ」は薬剤候補の安全性や有効性を臨床試験前に評価するために使用することが可能です。弊社のキットで開発を大きく加速させることが可能です。"
詳細 >>

3Dバイオプリンティング

Quick-Tissueシリーズキットにより、現在一般的になりつつある3Dプリントされた足場材上でヒトPS細胞を分化させることが可能です。
詳細 >>

移植治療への応用

再生医療においてキーになるパラダイムの一つに、ヒトES/iPS細胞株から分化させた細胞を用いて、患者に必要な細胞/組織/臓器を作成し移植できるようにすることです。
詳細 >>

研究モデル

研究者は長い間、ヒト以外の細胞を用いて基礎研究、バイオメディカル分野の研究を進めてきました。Quick-Tissueシリーズで、バイオメディカル研究分野の研究において、ヒト分化細胞を簡単に扱えるようになります。
詳細 >>

新たな幹細胞研究者の育成

Quick-Tissueシリーズの簡便さと経済性は幹細胞の取り扱い経験の浅い研究者達を最前線の幹細胞研究者に変貌させます。
詳細 >>